ホワイトスイスシェパードと      ~憧れの Berger Blanc Suisee~ まじめな話
プロフィール

白いチョコビー

Author:白いチョコビー
ホワイトスイスシェパードを心から愛して、その魅力を世に知らしめるべく、日々、想いを巡らせています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの足跡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も

2013年もあと数時間ですっ!

2014年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

イヤだイヤだ

ある繁殖業者がこれからバンバン仔犬を生産するらしい…
それは真面目にWSSDの将来を考え、仲間と語り合いをする僕たちへの嫌がらせのためらしい…

取材をされたりすると勘違いしている輩はどんな将来を考えているにでしょうね?

詐欺的なことかも

ある方から電話がありました。
その方の話によると「私があるブリーダーからホワイトスイスシェパードを購入する時に、あなたのブログの子犬購入の時の注意事項の記事と同じ内容の事が書かれた用紙をもらいましたが、あなたとの関わりがあるのですか?」とたずねられました。
僕は「あの方とは全く関わりを持っていませんし、これからも関わる事はありません。」と
そういえば、僕のブログの記事をそのままコピーして、自分のブログの中で「ホワイトスイスシェパードの歴史に詳しい一般愛犬家」と紹介してくれていた-_-b

どちらの事も僕は認めてないし、認める気持ちもないのだが~_~;

詐欺とも詐欺的とも言えないけれど、僕たち兵庫ホワイトスイスシェパードクラブとは一切関係のない人物の行いですので、ホワイトスイスシェパードの購入時は少し頭に入れておいた方が良いかもしれません…

ホワイトスイスシェパードドッグ④

Lobo Of White Burch達とヨーロッパの各地の愛好家よってに守り育てられたホワイトシェパードより始まったホワイトスイスシェパードドッグですが新しい犬種としてFCIから認定されるまで40年以上の歳月がかかる事になりました。
それではLobo Of White Burch以降のアメリカのホワイトシェパードはどのような歴史をたどっていたのでしょうか。
まず、過去現在もアメリカケンネルクラブはジャーマンシェパードドッグの亜種(白い被毛のシェパードドッグ)ジャーマンシェパードドッグとしては失格の犬として認定しています。

が、ホワイトアメリカンシェパードドッグやホワイトカナディアンシェパードドッグ、ホワイトジャーマンシェパードドッグなどの名称で白いジャーマンシェパードドッグとしてホワイトスイスシェパードドッグとは別の歴史を辿りました。


アメリカとカナダのケンネルクラブにはホワイトスイスシェパードドッグはもちろん、ホワイトアメリカンシェパードドッグやホワイトジャーマンシェパードドッグは犬種として存在しないので、各ブリーダーが個人の好みで白いシェパードのブリーディングを行っているのが現状です…

補足、アメリカにはアメリカンケンネルクラブ以外にUKC(ユナイテッドケンネルクラブ)と言うブリーダーの集まりが有り、日本のホワイトシェパードドッグのほとんどはこのUKCの出身です…

ホワイトスイスシェパードドッグ③

ホワイトスイスシェパードドッグの原産国はと言えば、犬種の名前が表す様に永世中立国のスイスです。

アメリカ合衆国よりスイスに輸入されたLobo Of White Burchと数頭のホワイトシェパードがホワイトスイスシェパードドッグの始祖犬とされています。



このLobo Of White Burch達とヨーロッパのホワイトシェパードの愛好家達が大切に育てていたホワイトシェパード達とより今日のホワイトスイスシェパードドッグの歴史が始まったと言っても過言ではありません。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
白いチョコビーに問い合わせ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。